質屋の伝道師

昔と現在の質屋の違いについてご紹介しています。

質屋に売るときの注意点

どんな方法で品物を売るにしても共通して注意しておきたい点があります。

それは、品物についていた付属品を一緒に提出するということです。

例えば、ブランド物のバックを売りたい場合、保証書やバックについていた鍵、アクセサリー、そして買ったときに一緒についてきた箱や袋などを一緒に出しましょう。

これら付属品があるのとないのとでは、査定金額にも差が出てくるようです。

もしブランドのバックである場合、直営店で買ったときのレシートも一緒に取っておくと、さらに良いでしょう。

では指輪などの貴金属を質屋で売りたい場合はどうでしょうか?この場合も、保証書もしくは鑑定書を一緒に提出するとともに、収納していたケースも査定に出しましょう。

ブランドの衣類を質屋に出す場合、事前にクリーニングに出し、清潔な状態にしておく必要があります。

また洋服についていた予備のボタンや予備の布も一緒に出したり、商品タグが残っているならさらにポイントアップになるでしょう。

時計を質屋に出す場合、大抵はブランドのものしか扱ってくれない場合が多いです。

しかし逆にブランドのものであれば、多少傷や汚れがあったとしても高く売れることがあります。

その場合もやはり、保証書、取り扱い説明書、ケース、そして忘れてはならないのが時計のバンドの長さを調整したときに外したコマも一緒に査定に出すようにしましょう。

またカメラを売りたい場合も、保証書、説明書、また望遠レンズ、ストロボなどオプションをつけて出すなら査定金額が高くなることがあります。


Categorised as: 質屋に売る

Comments are disabled on this post


Comments are closed.