質屋の伝道師

昔と現在の質屋の違いについてご紹介しています。

質屋に売る

質屋に品物を売る方法は、自分で店頭に品物を持っていき、買い取ってもらうケースと、家に出張してもらい家の玄関で買い取ってもらうケースと、そして宅配を使って買い取りをしてもらうケースの3ケースになります。

まず自分で持っていくパターンを、別名、店頭買取とも言いますが、この方法は直接自分の目で査定をしているところを見ることが出来るという安心感があります。

事前に予約をしていったりすれば時間をかけることなくスムーズに査定をしてもらうことが出来るでしょう。

所要時間ですが、品物によっても違いがありますが、大体15分から30分くらいになります。

もし査定金額に納得がいかなかった場合は、すぐに違う質屋に査定をお願い出来るというメリットもあるでしょう。

大抵、どのお店でも査定は無料で行ってくれるようです。

次に自宅に買取にきてもらうケースですが、これを出張買取といいます。

事前に日時を打合せをしておいて、自宅に来てもらいます。

小さい子供がいて自宅を離れるのが大変な方などはこの方法をよく利用しているようです。

しかし、お店によっては品物を一つだけでは出張することが出来ず、ある程度の数を準備しなければならないかもしれないでしょう。

最後に宅配を使うという方法ですが、これは宅配買取といいます。

事前に質屋のホームページから申し込みをすると、宅配キットが送られてきますので、そこに品物を入れて査定をしてもらいます。

そして金額に納得した場合は、銀行口座にそのお金が振り込まれることになります。


Categorised as: 質屋に売る

Comments are disabled on this post


Comments are closed.